登記費用について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

不動産登記権利情報家を売る際登記費用が必要になります。
登記費用とは、色々ありますが土地や建物に関しては2つあります。実費と司法書士の報酬です。
登録免許税、登記簿謄本代、交通費などの総合合計の事で自分でする場合や司法書士を依頼する場合も必要になります
売買するに当たり、特別誠がない限り、売り主が費用についてはまず考えることはないです。
しかしそれ以外に必要な場合登記費用を売り主が負担するケースがあります。

例えば、登記に記入してある名前と実際の権利者が違う場合、相続登記をしていない又は終わっていない状態の場合、その他にも、増築の登記が終わっていない場合や住所変更が終わっていない場合など様々あります。自分に該当するかしないかをちゃんと把握しておくと、余計な費用がかかることを未然に防げます。

他にも買い主に家を引き渡す設備の修理や補修工事、交換に費用がかかります。室内リフォーム費用は、買い主から言われた条件じゃなくてもスムーズに引き渡すためには必要になる費用です。

やっと買い主に家を引き渡し、買い主が住み始めて色々なところが修復されていなかったり、シミやへこみがそのままだったとならないように、チェックも必要です。高かったのに、シミが消えていなったというケールもあります。